人材育成・研修

サービスページはこちら

 

SIGNATE Questの責任者に聞く 強み・仕組み・方針


SIGNATE 夏井 丈俊 取締役副社長COO

1987年ディスコ入社、ディスコインターナショナル(US)CEO、ディスコインターナショナル(UK)CEO、ディスコ常務取締役を経て、2010年代表取締役社長。17年5月オプトワークス(現SIGNATE)代表取締役社長。18年4月から現職。

「超実践的なオンラインAI教育プログラムでAI/データ分析人材の育成課題を解決します」

ゲーム性を加えたオンライン教育で、楽しみながらAI/データ分析スキルを醸成

当社は、4万人以上(2021年1月末時点)という国内最大のAI/データ分析人材コミュニティ「SIGNATE」を運営し、従来の受託型のみならず、コミュニティ会員によるコンペティション型でのAI開発、開発後のアルゴリズム運用や再学習、ニーズが高まるAI/データ分析人材の育成・採用までをワンストップで提供しています。

「SIGNATE Quest」は、AI/データ分析人材を育成するための、超実践的な法人向けオンライン教育プログラムです。実践力を養うPBL(Project Based Learning)形式の教育メソッドを取り入れ、学びの定着を促すゲーム性を加えて、楽しみながら取り組めるよう教材内容を工夫しています。

実践的な疑似体験プログラムでモデル開発の流れを理解

「SIGNATE Quest」は、AI/データ分析の基礎知識やそのビジネス活用に関する知識を学ぶ「Gym」と、AI開発者の立場でモデリングまでを完成させる「Quest」の2種類の教材で構成され、初心者から中級者までレベルに合わせて学びを深めていくことができます。

特に「Quest」については、よくある技術単位の履修ではなく、開発テーマごとにモデリングに至るまでの開発プロセスを一つ一つ実践することで、AI開発の流れが理解できる独自の疑似体験プログラムであるところが最大の特徴です。

「Quest」をクリアすると、類似テーマでゼロからAI開発に挑戦する「Challenge Mission」が出題され、受講者が作ったモデルの精度を自動評価します。また、社内ランキング機能を活用することで、優秀なAI/データ分析人材を発掘することが可能であると同時に、実際のAI開発案件で社内コンペを実施することもできます。

DXに取り組む企業のAI/データ分析のリテラシー醸成に

オンライン完結型で、1人当たりの受講料を抑えたことで、全社員対象にAI/データ分析スキル向上を図ることができます。例えば新人研修に活用したり、シニア社員再起用の手がかりに利用することも有効です。受講者の進捗管理など、育成担当者のための管理機能も充実しています。

AIやデータ活用のニーズがますます高まる中、このサービスがDXに取り組む企業のAI/データ分析のリテラシーを一気に高める大きなフックになることを期待しています。

●「SIGNATE Quest」の2つのトレーニングコース

SIGNATE Quest2

SIGNATE Quest1

SIGNATE Questの専門分野


【業種】
全業種
【職種】
全職種
【対象者】
経営者・役員、事業責任者、マネジャー、中堅、若手、新卒

SIGNATE Questの会社情報


社名●株式会社SIGNATE
代表者●代表取締役社長CEO/CDO 齊藤秀、取締役副社長COO 夏井丈俊
設立●2017年
資本金●2億8000万円(資本準備金1億円含む)
従業員数●非公開
住所●東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
TEL●03-5745-3520
E-mail●info@signate.co.jp
コンサルタント数●非公開
専門チーム●Data Science 、Data Engineering 、Business
サービス●AI開発・運用支援、開発コンペティション運営、ビッグデータ解析、AI/データ分析人材育成支援、AI/データ分析人材採用支援、AI/データ活用コンサルティング、AI関連ソフトウエア開発等

日本人材ニュース編集部の評価


「SIGNATE Quest」は、AI/データ分析人材コミュニティを運営しているSIGNATEが、「OJTのような疑似体験ができるAI研修を探している」「AIを利用できるかどうかの目利き人材を育成したい」「技術者の養成だけでなく、多くの社員のAIリテラシーを上げたい」というニーズを受け開発したオンラインAI教育プログラム。AI/データ分析人材の育成課題を熟知するSIGNATEならではの工夫を盛り込み、楽しみながら取り組めるコース設計となっている。

サービスページはこちら

この記事をダウンロード