EAP・メンタルヘルス

サービスページはこちら

 

アドバンテッジ リスク マネジメントの責任者に聞く 強み・仕組み・方針


アドバンテッジ リスク マネジメント 鳥越 慎二 代表取締役社長

外資系戦略コンサルティング会社を経て、1994年アドバンテッジパートナーズのパートナーに就任。アドバンテッジ インシュアランス サービスを設立し、GLTDのマーケティングを開始。99年アドバンテッジ リスク マネジメントを設立。

「豊富な解決策の提示と実施をサポートする『人事課題解決型』DXプラットフォームを推進します」

自身の物事の受けとめ方・考え方(=認知)に働きかけ「メンタルタフネス度」を向上

当社は、「生産性向上」と「リスク対策」の両面から個人と組織にアプローチする総合的なソリューションを提供しています。仕事のストレス原因は、業務量や職場環境なども大きな要素ですが、当社では、環境面だけでなく、個人のストレスに対する強さを測る「メンタルタフネス度」も重視しています。

メンタルタフネス度とは、個人のストレスに対する強さや耐性を示す当社独自の指標で、メンタルタフネス度が低い人は、同じ物事でもネガティブ思考が強く、ストレスを感じやすくなります。物事の考え方を変えることは難しいと思われがちですが、訓練によって変えることができるのです。

当社では、物事の受けとめ方や考え方を工夫する方法を習得し、ストレスに強くなる多様なプログラムを提供しています。

メンタルタフネス度とEQを高め、ストレスに強い人材を育成

活力ある社員と組織づくりに重要なもう1つの要素がEQで、自分の感情をうまくコントロールする能力です。

当社の「EQ向上研修」では、自身のEQを測定する「EQI検査」の結果をもとに、自分の感情をうまく管理・利用する方法を学べます。自身における行動の特徴を数値によって知り、自己理解の促進や行動変容につなげます。

メンタルタフネス度とEQは、ストレス低減につながるだけでなく、パワハラの根本課題にもアプローチできます。また、エンゲージメントの高まりが期待でき、社員が生き生きと働ける環境を実現すると考えています。ひいては組織の業績向上への貢献も考えられます。

当社は企業が抱えている課題に対して最適なソリューションを提案し、組織の付加価値を高めることにコミットします。そのために、組織コンサルタント、研修講師、カウンセラー、精神科医などの専門家を揃え、必要に応じた支援と共に当社が持つさまざまな機能をワンストップで提供します。

昨今推進されているテレワークなど、企業を取り巻く環境変化に対応すべく、当社は新たに「双方向型オンライン研修」や、心理専門家によるパーソナルトレーニング「タフネス・アップ!メンタリング」を開発しました。また、SNS(チャット)によるカウンセリングも展開するなど、既存サービスの充実化を図っています。

疾病・育児・介護などと仕事との両立支援を強化

当社は、ケガや病気で働けなくなった従業員の所得補償制度「GLTD(団体長期障害所得補償保険)」の代理店として創業しました。現在はGLTDに関する総合的なサービスを提供する「就業障がい者支援事業」、さらに経済的支援のみならず、休業・復職者の管理業務の効率化や、社員の休業・復職をサポートする「両立支援事業」へと領域を拡大しています。

今後は、当社のサービス提供実績に基づく各種ビッグデータからの相対評価分析、認知行動理論など学術的エビデンスに基づくソリューション提供を強みに、DXプラットフォームを展開します。

①従業員の心身の健康データや、勤怠、休業・復職等などの人事労務情報を「見える化」②専門的知見に基づく分析・課題抽出③豊富な解決策の提示と実施のサポートを行うことで、組織・従業員個人のパフォーマンス向上を推進し、企業の健康経営を実現します。

アドバンテッジ リスク マネジメントの専門分野


【業種】
全業種
【職種】
人事、総務、組織人事コンサルタント
【対象者】
経営者・役員、マネジャー、中堅、若手、新卒、外国人、海外現地人材

アドバンテッジ リスク マネジメントの会社情報


社名●株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント
代表者●代表取締役社長 鳥越慎二
設立●1999年
資本金●3億6596万4400円(2020年9月7日時点)
従業員数●364人
住所●東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー 17F
その他拠点●(支店)名古屋、大阪 (営業所)札幌、仙台、広島、福岡
ネットワーク・連携● 提携カウンセラー:約600人、医師面接提携医療機関:47都道府県に270カ所以上
TEL●03-5794-3830
E-mail●marketing@armg.jp
コンサルタント数●非公開
サービス●各種サーベイ、組織改善コンサルティング、健康経営支援サービス、産業医・保健師サービス、カウンセリング、各種研修、健診結果管理・健診予約システム、勤怠分析システム、睡眠問題解消アプリ、総合eラーニングサービス、採用適性検査、GLTD(団体長期障害所得補償保険)、休業者・復職者管理システム等

日本人材ニュース編集部の評価


アドバンテッジ リスク マネジメントはメンタルヘルスケア事業を主幹とし、企業の健康経営をメンタリティマネジメントの視点から全面的にサポートしている。ストレス、EQ(感情マネジメント力)などのサーベイを行い、それぞれの分析結果に応じた改善提案を行う。特徴的なのは、ストレスとEQの両方を改善して、エンゲージメントを高める研修やコンサルティングなどのソリューションを提供しているところだ。休職中の社員を抱える人事への支援にも積極的に取り組んでいる。

サービスページはこちら

この記事をダウンロード