ガイド100選の編集方針と選定基準

1989年に創刊された人事専門誌「日本人材ニュース」では、人材マネジメントとHRサービスに関する取材で蓄積されてきた知識を活かして、経営者や人事担当者のための「人材コンサルティング会社&サービスガイド100選」を毎年更新して発行し、最新の情報をお届けしています。また、専用サイトを運営しています。

少子高齢化により、若手労働力不足は深刻になり企業成長のための人材確保は一層難しくなっています。技術革新やグローバル化で経営環境がめまぐるしく変わる中でも競争力を維持し、事業を継続していくためには人材の採用・定着・育成によって組織力を強化することが必要不可欠になりました。そのため人材マネジメントの役割は、より重要性を増しているのです。

日本人材ニュースでは「相談コーナー」を常設していますが、「組織変革を支援できるコンサルティング会社を教えてほしい」「事業計画の達成に必要な人材を採用したいのだが、数ある人材紹介会社のどこに依頼したらよいか」「こんなサービスの売り込みがあったが評判を聞かせてほしい」「人材育成契約や研修見直しの相談に乗ってもらえる実力ある会社はどこか」といった相談が経営者や人事担当者から頻繁に寄せられるようになっています。

人材マネジメントによる組織力強化の取り組みを実践していくためには、実力のある人材コンサルティング会社やサービスをうまく活用していかなければなりません。ところが、各社の得意分野は様々でかつ能力も玉石混交なため、いざ活用しようと考えたときに優良なサービスをなかなか見つけ出すことができません。

そこで本ガイドは、経営者や人事担当者の悩みに応えられるように、①健全なコンサルティング方針、②高いコンサルティング能力、③コンプライアンスの順守という基準で、人材マネジメントを十分にサポートできる「人材コンサルティング」と呼称するにふさわしい会社やサービスを人事関係者から推薦を受けて編集部が選定し、事業責任者へのインタビューによって、サービスの仕組み、強み、事業方針やコンサルティング能力、またサービスの機能、活用法、独自性などを紹介しています。

本ガイドが企業の人材・組織力の強化を担う経営者や人事担当者の役に立つことを願っています。